維持費が断然違う!いま軽自動車が人気な理由

今や軽自動車はセカンドカーではなくメインカーとなる時代です。
では何故、そんなにも軽自動車は人気なのでしょうか。

まず機能性を考えてみると、現在の軽自動車は昔に比べて遥かに良くなっています。
昔の軽自動車といえば、狭い、走らないといったイメージが強かったですが現在の軽自動車はそのマイナスイメージを払拭しつつあります。走行性能でみても通常の街乗りだけで考えると普通車と遜色なくなってきていますし、広さの面でもタントやスペーシアなど普通車顔負けの室内空間の広さを持つ車種もどんどん登場しています。
そして軽自動車が本来持つメリット、経済性も年々向上しています。
まず燃費です。現在ガソリン車で1番燃費が良い車がスズキのアルトで37km/Lと驚異的な数値を叩きだしています。また燃費ランキングの上位を軽自動車が独占。家計に大きく響くガソリン代を大幅にカットできるのも軽自動車の魅力ですね。

更に税金関係。自動車税や重量税も普通車とは比べものにならないくらい安いですし、任意保険料も普通車と比べると安くなります。
その他、タイヤ代、バッテリー代、エンジンオイル代などメンテナンスにかかる費用も普通車と比べると割安となっており、年間で考えると普通車と比べ10~20万円ほど維持費が安くすむといわれています。
これもまた軽自動車が人気の大きな理由といえるでしょう。
皆さんも次の乗り換え時は軽自動車を検討してみてはいかがでしょうか?