フルモデルチェンジの目的

ハイブリッドモデルの代名詞、プリウスのフルモデルチェンジが刻々と迫ってきています。この情報はかなり昔から漏れていることでいろいろな可能性が言われていますが、ただ一言いうのであれば、「基本に戻りなさい」です。
ハイブリッドモデルというのはガソリン消費を減らして、排気ガスも出さないで石油の枯渇や大気の汚染を防ぎましょうという車です。こういう前提があるから国も税金を出してトヨタを後押しできるのです。
それなのに3代目が発売されてあたりからスポーツコンバージョンモデルだとかスポーツパーツなどガソリンをどんどん消費する方向にトヨタ自らが進めているのです。新型プリウスになるであろうといわれているコンセプトモデルのNS4もエンジンの排気量こそ同じ1.8リッターになるようですがエンジンのパワーが上げられています。
ボディの形状もスポーツモデルに近いものとなっているので嫌がなおでもそれなりの運転をしてしまうのです。スポーツモデルなどを作るときにボディやインテリアなどでやる気にさせるデザインをとることがありますが、プリウスはその逆のことをして心理的にエコな運転をさせるような車に仕上げなければいけないのです。
現行モデルのあの野暮ったいデザインでも高速道路を100km/h+αですっ飛ばしていくプリウスをよく見かけるぐらいなのですから、次にモデルではもっとやる気にさせない車にしてもらいたいものです。

レクサス査定