盗まれないのが一番

車が盗難にあったり、ホイールやカーナビなどが盗まれたり、などという事をよく聞きますが、そういったときに利用できる保険が車両保険です。
しかし、車両保険は通常の対人対物保険などと比べても非常に割高で、ほとんどの方が車両保険に加入していないという事実もあります。
ただ、車を盗まれる、パーツを盗まれるというのは、法律的には100%犯人が悪いことになるのですが、実際にはその車の持ち主の危機感のなさも原因の一つとなっています。
最近では、イモビライザーやセキュリティーシステムなどの盗難防止グッズが最初からつけられている車が多く、ついついそれらに頼りがちになってしまいますが、イモビライザーもセキュリティーシステムも人間が作った機械です。
という事はそれを人間が解除することができるという事で、100%安全という事ではありません。
そこで後付けのセキュリティパーツが必要となるのです。
盗難防止グッズには昔からマックガードの様なセキュリティホイールナットやナンバー盗難を防ぐ特殊ナットなどが売られていますが、これらは盗難を防ぐ上では当然付けなければならないものです。
特に3桁のナンバープレートは、改変が楽なため狙われることが多く、ナンバー盗難防止ナットが必需品となります。
更にステアリングホイールに直接取り付けるステアリングロックなども効果的です。
自動車盗難に意外と効果が高いのが、ステアリングホイールを簡単に脱着できるクイックリリース式のボスを取り付けること。
自宅など長時間車を屋外に置きっぱなしにする時などはステアリングホイールを外して家に持ち込んでおけば、パーツなどは盗まれても車自体が盗まれる確率をぐっと減らすことができます。
このように盗まれた時のことだけでなく、盗まれない対策というものも大切なことなのです。