事故処理の強い味方

事故を起こした時に命の次に気になるのがどちらに責任があるかという事です。それを過失割合というのですが、少ない方が責任が少ないという事になります。単独事故以外の事故には必ず当事者が複数いることになり、その時の状態を口頭で警察や保険会社の人間に伝えることになるのですが、事故の際の位置関係によっても見方が違いますし、中には自分の責任を軽くしようとするために嘘の発言をする方もいます。そうなると口頭による説明だけでは過失割合を決めることができず、警察による実況見分などいろいろなことを行ってやっとのことで過失割合が決まるという事になります。これですと無駄な労力や無駄な時間がかかってしまい、そうでなくてもすぐに帰って、怪我のことや車の修理のことを考えたいのにまったくもって無駄以外の何物でもありません。
それを避けるためにはドライブレコーダーをつけておくといいでしょう。ドライブレコーダーは強い衝撃が加わった時の映像を録画するとこができるカメラで、車の前方や性能のいいものでは側方、後方も同時に録画して、事故当時の状態を見ることができるのです。キチンとした画質と時間などが移っているのであれば、立派な証拠として使うことができ、たとえ裁判となっても証拠品として提出することができるのです。安いものですと数千円で買えるものが売られているので、もしものためにつけておくことをおすすめします。